おとなの矯正治療についてAdult

  • HOME
  • おとなの矯正治療について

矯正治療は、もちろん、おとなも受けられますAdult

こどもが受けるイメージが強い矯正治療ですが、おとなになってから治療を始めてもきれいな歯並びを手に入れることができます。歯や歯ぐき、あごの骨が健康であれば、矯正治療に年齢制限はありません。近年はおとなの矯正治療を受ける方が増えています。

いつまでも健康な歯を保ち、歯の寿命をできるだけ延ばせるように気になる歯並びの矯正治療を受けませんか? 福岡県小郡市三沢の歯医者「小郡 みらい歯科 こども矯正歯科」にご相談ください。

矯正治療は、もちろん、おとなも受けられます

おとなの矯正とは?

おとなの矯正治療は、歯並びや噛み合わせを整え、機能の改善をはかります。それぞれの歯がきれいに整うので、見た目も自然で美しいうえ、汚れが溜まりにくくブラッシングもしやすくなります。それが、むし歯や歯周病予防につながり、将来的にも歯の寿命を延ばすことにつながります。

ほとんどの患者さまは「口元を美しくしたい」と矯正治療を受けます。そして治療後は口元に自信がもてるようになり、長年のコンプレックスが解消し、ためらうことなく思いっきりの笑顔になれるのです。それが精神的にもよい結果をもたらします。

おとなの矯正とは?

おとなの矯正治療は、こんな方におすすめします

  • 悪い歯並びをきれいに整えて、口元の印象をよくしたい
  • 歯並びが悪くて、自信を持って笑えない
  • 歯並びにコンプレックスを抱えている
  • 歯並びをきれいにして、むし歯・歯周病を予防したい
  • いつまでも自分の歯を大切に保ちたい

おとなの矯正のメリット・デメリット

メリット
  • 口元のコンプレックスの解消
  • 咀嚼の改善による、食べ物の胃腸への負担の減少と栄養補給の効率UP
  • お口の自浄作用UPによる、むし歯や歯周病のリスクの減少
  • 全身のバランスが整い、悪い姿勢由来の頭痛や肩こり、めまいの改善につながる
  • 口まわりの筋肉が鍛えられ、表情が豊かになり、口まわりのシワの改善が期待できる
  • しっかり噛むことによる、脳への刺激や血流量の増加
デメリット
  • こどものときに治療するよりも歯が動きにくく痛みを伴いやすい
  • 力のかけ方が弱すぎると歯の動きが鈍い
  • 力のかけ方が強すぎると歯や歯ぐきにダメージを与えてしまう
  • 歯をきれいに並べるスペースが足りないときには、抜歯をしたり、歯を削ったりしなければならない

おとなの矯正治療の方法

おとなの矯正治療にはさまざまな種類があります。それぞれの矯正装置には特徴やメリット・デメリットがありますので、その内容を理解して患者さまご自身に適した矯正装置を選ぶことが大切です。

表側矯正

もっとも一般的な矯正治療システムです。歯の表面にブラケットという装置を装着し、ワイヤーを通して歯を動かします。金属のブラケットは目立ちますが、白いセラミック製のブラケットや透明な素材のブラケットを選び、また白いワイヤーを使用するとそれほど目立ちません。ほとんどの歯並びに対応します。

表側矯正

マウスピース型矯正装置

取り外し可能な透明なマウスピースを一定期間ごと取り替えながら歯を動かしていく矯正治療システムです。薄くて透明なマウスピースなので装着していてもほとんど目立ちません。そのうえ取り外せるので、飲食やブラッシングも普段通りにできます。歯並びの状態によっては治療効果があらわれにくいことがあります。

マウスピース型矯正装置

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置~インビザライン<invisalign>(※1)~

マウスピース型の矯正装置の一種のインビザラインは、2019年3月現在100ヶ国以上の国で使用され、13万人以上の歯科医師が選択し、延べ680万人の患者さまに使用された実績があります。

※1:インビザラインは完成物薬機法対象外です。医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置~インビザライン<invisalign>(※1)~

Q&A

おとなの矯正治療についてよくお寄せいただくご質問にお答えします。もっと詳しくお知りになりたいことがございましたら、お気軽に当院までご相談ください。

Q.何歳まで矯正治療を受けられますか?
A.矯正治療に年齢制限はありません。歯や歯ぐきが健康で、あごの骨がしっかりしていれば、何歳になってからでも開始でき、きれいな歯並びを手に入れられます。お口まわりの状態によっては、むし歯治療や歯周病治療を先に行うこともありますし、あごの状態は精密検査をしてみなければ治療ができるかどうか診断できませんので、まずはご相談ください。
Q.歯並びにコンプレックスがあるので治療中に目立ってしまうのが心配です。目立たないように治療できますか?
A.矯正装置にはさまざまな種類があります。お口の状態によって選択肢が変化しますが、透明なマウスピースを使った治療システムや、歯の色になじむ色や素材の矯正装置もありますのでまずはお気軽にご相談ください。
Q..おとなの矯正治療は、どのくらいの期間がかかりますか?
A.お口の状態によって治療期間は異なります。目安は、歯を動かすのに1年半~3年ほどで、さらに保定のために治療にかかった時間がかかります。

Clinics