マウスピース矯正(インビザライン)Invisalign

  • HOME
  • マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピースを使う矯正治療システムですInvisalign

歯並びを整えるための矯正方法にはさまざまな種類があります。マウスピースを使った矯正治療システムもその一つです。透明で薄いプラスチック製のマウスピースを装着して歯を動かします。

福岡県小郡市三沢の歯医者「小郡みらい歯科 こども矯正歯科」では、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン<invisalign>:完成物薬機法対象外(※1))に対応しますのでお気軽にご相談ください。

※1:インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります

マウスピースを使う矯正治療システムです

マウスピース矯正~インビザライン<invisalign>(※2)~

マウスピース矯正(インビザライン)は、アメリカのアラインテクノロジー社により開発されたマウスピース型の矯正装置です。少しずつ形の異なる透明で薄いマウスピースを一定期間ごとに取り替えながら歯を移動させます。透明なので装着していてもほとんど目立たないうえ、従来の金属のブラケットとワイヤーを使った矯正装置とは異なり、取り外し可能です。飲食のときやブラッシングのときには外してください。それは矯正治療をしていないときと同じように、好きな物を食べたり飲んだりできるということです。特殊なブラッシングも不要ですので、口腔ケアにおいても大きなストレスがかかりません。

歯並びの乱れが気になる方は、歯をきれいにしたいと思っていても、矯正装置が目立ってしまうことを考えると、治療をためらってしまいがちです。それに加え、職業や趣味などのさまざまな理由で、目立つ矯正装置がつけられない方もいらっしゃるでしょう。その点、透明で目立たないマウスピースを使えば、見た目を気にすることなく治療できます。1日のうち20時間以上の装着時間を確保できれば、自分で自由に取り外せるのもメリットです。

※2:インビザラインは完成物薬機法対象外です。医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース矯正~インビザライン〈invisalign>(※2)~

適応症例

マウスピース矯正(インビザライン)は、患者さまのお口の状態によってはご選択いただけない場合があります。マウスピース型の矯正装置が適応するかどうかは、検査を受けていただき、医師の診断で決まります。まずはお気軽にご相談ください。

マウスピース矯正(インビザライン)が適応しないケース
  • 歯並びがかなり大きく乱れている方
  • 骨格的に大きなずれがある方
  • 進行性の歯周病が疑われる方
  • プラスチックのアレルギーがある方
  • 遺伝性血管浮腫(HAE)がある方
  • 使用方法をお守りいただけない方

インビザラインはこんな方におすすめ~5つのメリット~

目立つ矯正装置に抵抗がある方

歯の表面に金属を装着すると目立つので、なかなか矯正治療に踏みきれない方も、目立たない装置なら治療を受けられるのではないでしょうか? 透明のマウスピースですので、治療中もほとんど目立たず、見た目がストレスになりません。

目立つ矯正装置に抵抗がある方

人前に出る機会が多い方

接客業や営業職などで人前に出る方は、口元が目立つと気になるのではないでしょうか?
透明のマウスピース型の矯正装置でしたら、まわりの人に気づかれずに歯並びを整えられます。

ストレスなく食事を楽しみたい方

装着式の矯正装置の場合、食べ物の種類によっては装置に絡みついたり、挟まったりする心配がありので、食材を選んだり、調理に工夫したりしなければなりません。しかし取り外し可能なマウスピース型の矯正装置なら、治療前と同じように何でも好きな物が食べられます。

ストレスなく食事を楽しみたい方

金属アレルギーがある方

マウスピースは薄くて透明なプラスチック製です。金属不使用なので、金属アレルギーの心配がある方でも安心して使用できます。ほかの矯正治療装置は金属でできていたり、金属部分が含まれていたりするのでアレルギーが心配な方は注意が必要です。

できるだけ治療中の痛みを抑えたい方

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は、できるだけ小さな力で歯が移動するように歯の移動量を精密に設定します。そのため、一般的な矯正装置よりも痛みを感じにくいといわれています。また、金属装置のようにお口の中の粘膜や舌が傷つく心配もほとんどありません。

できるだけ治療中の痛みを抑えたい方

光学式3Dスキャナー(iTero)で矯正後の歯並びシミュレーションが可能です

光学式3Dスキャナー(iTero)で矯正後の歯並びシミュレーションが可能です

当院では光学式3Dスキャナー(iTero)を導入しています。患者さまの口腔内の歯や歯ぐき、噛み合わせなどのデータをスキャンして、細部まで正確に捉え、パソコンに取り込みます。従来行っていた、シリコン剤を使った歯型採取が不要なので、患者さまの負担の軽減にもつながります。

お口の中の詳細データを使って口腔内を再現できるので、治療計画の立案までにかかる時間の短縮ができるうえ、フィット感の高いマウスピースの作製が可能です。また理想の歯並びのシミュレーションも可能で、患者さまご自身のスマートフォンで閲覧していただけます。歯がどのように動いているかや、理想の歯並びを図で確認できるので、毎日のマウスピース装着のモチベーションも高まります。

治療期間の目安

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)にはさまざまな種類があり、どの種類が適しているかは、お口の状態によって異なります。実際の治療期間は多少異なることもありますが、それぞれの装置に治療期間の目安がありますのでご覧ください。

種類 治療期間
インビザライン・アイセブン 約3ヶ月
インビザライン・ライト 約7ヶ月
インビザライン・フル 1~3年
インビザライン・ティーン 1~3年

症例紹介

現在、準備中です!

矯正治療ブログ

    Q&A

    マウスピースによる矯正装置について、よくお寄せいただくご質問にお答えします。さらに詳しくお知りになりたいことがございましたら、お気軽に当院までご相談ください。

    Q.マウスピースで歯並びを治療したいのですが、できますか?
    A.歯並びの状態やお口の状態によっては、マウスピースだけによる矯正治療ができない場合があります。まず診断をする必要がありますので、お気軽にご相談ください。丁寧にわかりやすくご説明し、マウスピースを使うだけでなく、必要に応じてほかの治療システムもご案内します。
    Q.目立たない矯正治療をしたいのですが、おすすめはありますか?
    A.歯並びによって治療装置の選択肢が異なります。目立たない矯正装置の代表は透明のマウスピースを使った矯正装置です。お口の状態がその治療に適応するかどうかを検査しますので、まずはお気軽にご相談ください。
    Q.マウスピースを使った矯正治療で気をつけなければならないことはありますか?
    A.マウスピースを使った治療は、患者さまが取り外せるのがメリットですが、その一方で、装着時間を守らないと治療効果が得られません。装着時間の目安は1日20時間以上ですので、その時間を守りましょう。

    Clinics