治療についてblog

インビザライン矯正にして良かったこと、悪かったことblog

2021.04.14

 

こんにちは、小郡みらい歯科・こども矯正歯科 歯科医師の金森です。

本日は、スタッフや患者様からのお声による、インビザラインにしてよかったこと・悪かったことをご紹介します。

よかったこと

①目立たない、気づかれない

インビザラインの最大の特徴です。目立たないので見た目を気にせずに矯正を行うことができます。

②痛みが少ない

これは個人差がありますが、ワイヤー矯正の4分の1の痛みとも言われています。

ほぼ痛みがないまたは少ないという声が多いです。

③歯磨き・食事がしやすい

マウスピース矯正は取り外し可能なため、歯磨きがしやすいです。

ワイヤー矯正ですとワイヤーやブラケットがあり食べにくいのに比べ、お食事もしやすいです。

④ホワイトニングが同時にできる

とくに女性の患者様・スタッフから、歯並びと同時に歯を白くできるのでうれしい!と言われます。矯正用のマウスピースをそのままホワイトニングのトレーとして使用できます。

 

悪かったこと

①食事のたびに外すことが面倒なので、間食しにくい

だらだら食べるのが減った、とのことです。ダイエットになったとの声もありました。

 

今回は正直なインビザライン矯正の感想をご紹介しました。

お口の中の簡単なスキャンで矯正前後を3Dシミュレーションできますので、歯並びに悩んでおられる方は、年齢にかかわらず気軽にご相談ください。